コーポラティブハウス

コーポラティブハウスとは?

住宅は買うものではなく、つくるもの

コーポラティブハウスの定義は、旧建設省の定義では「自ら居住するための住宅を建設しようとする者が、組合を結成し、共同して、事業計画を定め、土地の取得、建物の設計、工事の発注、その他の業務を行い、住宅を取得し管理をしていく方式。(昭和53年3月、建設省住宅局)」とされています。そこに住まいたい人が集い、一般的には建設組合を結成し、建設組合が主体が主体となって集合住宅を作っていく方式です。もともと住宅は買うものではなく作るものでしたが、集合住宅でそれを実現する方法です。
建設組合主体とはいえ、一般の方々が集まり、実際に多岐にわたる契約、調整を建設組合だけですることは困難です。そのため、近年はプロのコーディネイト会社とともに作る企画者主導型のコーポラティブハウスが主流となり、供給数も増えてきました。

コーポラティブハウスのメリット

・合理的で透明感のある取得価格
コーポラティブハウスの価格構成

コーポラティブハウスの価格構成

分譲マンションと違い、建設組合が主体ですので、土地取得費用、建築工事費用、設計費用、企画・調査・予備費など必要な費用が「ガラス張り」の事業です。 また、広告宣伝費としてモデルルームに何千万円もかけることもありませんので、分譲マンションに比べ中間経費が圧縮された合理的的な事業費となっています。また、自由設計のため、自身の住宅のこだわりにお金をかけたり、逆にシンプルにしてコストを抑えたりする納得のある取得金額となります。


・自由設計
コーポラティブはいわばマンションの注文住宅版。 マンションでありながら設計者と共に住まい手の要望やライフスタイルや好みなどを打合せしながら設計をして住宅を作っていきます。こういった点で、コーポラティブハウスは集合住宅における「注文住宅」と言えます。 デザインにこだわる方だけというわけではなく、分譲マンションのように「家に合わせた住まい方」ではなく、「住まい手に合わせた家づくり」というごく当たり前のことが実現できます。

 

 

 


 

 

 


 

 

 


・良好なコミュニティ

集合住宅だと、同じ階の住人ならなんとなくわかるけど、階が違うと同じ住人でも分からないということが多くあると思います。 コーポラティブハウスは入居までにて総会等で顔を合わせますので、住む時には入居者同士が顔見知りになっています。住み手同士が分かっている安心感と、良好なコミュニティはコーポラティブハウスの大きな、魅力です。入居後の管理、維持管理なども円滑に行く基本となっています。


コーポラティブハウスとは?
事業の流れ
Q&A

Copyright Japan Cooperative Housing Association All Rights Reserved.