入会案内

会員心得

 1. 当協議会はコーポラティブ精神にのっとり、コーポラティブ方式による住まいづくり、まちづくりの活動に積極的かつ真摯に取り組む方を会員とします。 会員となられた方は、その主旨をよく理解され、当協議会の会員としてふさわしい行動をとられるようお願いします。
 2. コーポラティブハウス事業をされる方は以下の点にご注意ください。
  A コーポラティブハウスの企画、計画のプロセスにはいろいろ注意しなければならない点がありますので(特に初めての方は)事業を始める場合、最初の企画の段階で協議会事務局にご相談ください。適切なアドバイスをいたします。
  B 企画書・基本計画書などができましたら、協議会事務局にコピーを一部郵送してください。
  C チラシや広告で参加者を募集する場合はコーディネーターが宅建免許を持っているか、または免許を持つ組織と連名でないと宅地建物取引業法に抵触しますので注意してください。
  D チラシや広告の内容や表現についても制約がありますので相談してください。これに違反するとマンションの「青田売り」として取り締まりの対象になります。
  E チラシや広告その他で「コーポラティブハウス全国推進協議会」または「同協議会会員」などの文字を入れる場合は、必ず事前に事務局にご相談ください。
  F コーポラティブ方式についての説明会を開く場合は、協議会から講師を派遣することもできますのでご相談ください。
 3. 上記の事項を守らずに事業を実施した場合は、協議会から処分(除名など)を受ける場合がありま す。
特定非営利活動法人 コーポラティブハウス全国推進協議会 理事長
藤本 昌也
入会案内
機関誌のご紹介
会員心得
入会お申し込みフォーム

Copyright Japan Cooperative Housing Association All Rights Reserved.